夏の疲れ

2017/08/12 投稿

夏の疲れは、

 

 

自律神経の乱れ

・エアコンが効いている部屋での作業により、外気と室内の温度変化に体がついていかない。

・日本の夏は高温多湿のため、汗をかいても乾きにくく、体内に熱を溜めやすい。

 

胃腸機能の低下

・夏バテや疲れにより、食欲不振になる。

・暑いため、冷たい飲み物や冷たい食べ物を好んで食べてしまう。

 

睡眠不足

・夜、寝苦しい日が続いてしまい、寝不足になってしまう。

・夜でも暖かいため、夜中にも活動してしまう。

 

その他

・お風呂は湯船に浸からず、シャワーですます事が多い。

・暑いため、体を動かさなくなる。

 

これらの、自律神経の乱れ・胃腸機能の低下・睡眠不足・その他などが主な原因となり、夏の疲れとして現れます。

 

夏の疲れは、夏バテとして現れたり、疲れにより病気になりやすくなったり、秋口になっても疲れが抜けない・だるさが残る・ドッと疲れが出るといったこともあります。

 

夏の疲れを溜めないためには

・室内の温度と外気との差を5℃以内に設定する。

・毎日3食必ず食べる。

・生活リズムを乱さない。

・朝方や夕方の涼しい時間帯、室内でも軽く汗ばむ程度の運動は行う。

・暑くても温かい料理や、一度熱調理した食べ物を食べるようにする。

・暑くて寝苦しい日には、エアコンや扇風機を冷やしすぎないように利用する。

・整体・マッサージ・リンパドレナージュ等を利用し、血液循環・リンパの流れを促し、疲れの解消・緩和する。

 

食事の内容

・うなぎ、豚肉、レバー類、大豆、玄米、ほうれん草などに多く含まれるビタミンB1を多めに摂る。

 

・夏の緑黄色野菜や果物は、夏場に必要な、ビタミンやミネラルが多く含まれているため、ゴーヤ、キュウリ、トマト、ピーマン、カボチャ、トウモロコシ、ナス、スイカ、キウイ、マンゴー、モモ、メロン、梅などが効果的。

 

・食欲があまりないときには、香辛料や酸っぱいもので味付けで、食欲増進になりますが、どうしても食欲がわかない場合は、サプリメントを利用する。

 

・汗をかいたら、味噌汁、牛乳、お茶、スポーツドリンクなどで水分補給をする。
冷たいものばかりでなく、温かい飲み物も飲むことが大切。
また、清涼飲料水ばかり飲んでしまうと、物によっては糖分が多量に含まれているため、急性糖尿病を発症する危険性もあるため飲み過ぎに注意が必要。

 

疲れは体の不調の一つのサインです。

 

また、夏の疲れは放っておくと、夏バテや秋口にまで長引いてしまうことがあります。

疲れを感じる前、また疲れを感じたら、早めに対処し元気に夏を乗り切りましょう。

 

 

「痛い・辛い・動かしにくい」と感じたら、

092-791-6185