春の養生

2018/03/21 投稿

こんにちは。

桜も開花し春を感じ始めた矢先、また冬並みに寒くなったりと

三寒四温で 体調を崩しやすい日々が続いていますね。


そこで、漢方的視点で オススメな春の過ごし方をご紹介したいと思います。



●春のカラダの傾向


冬より新陣代謝が活性化し、心や体にたまった老廃物を外に出そうとする時期です。
肌荒れ、湿疹、ホルモンバランスの乱れなどを感じやすいのは、水面下に隠れていた不調が
あらわれたからだと考えられます。


春の時期にしっかり養生して、不調の種をなくしておくことが
この1年を体調を整えて元気に過ごせるかどうか大切なポイントになります。




●春はストレスを感じやすい時期

漢方的に考えると、春は、自律神経が乱れたりして、イライラや落ち込みなど、気持ちが不安定になりやすい季節。

それ以外でも、春は仕事や学校など環境の変化も多い時なので、ストレスを感じ 自律神経のバランスを崩す原因となります。


「だるい」「やる気が出ない」「眠い」といった症状が出る場合は、ストレスによりダメージのサインかもしれません。そういった場合は、今の生活を見直してみて 心身のリズムを整える必要があります。


●春の養生の③つのポイント


①「肝」を整え 不安定になりがちな心身のバランスを整える

「肝」は、肝臓そのものの働きだけでなく、血液を体中に巡らせたり、栄養を貯蔵したり、毒素を解毒したり、目や筋肉、自律神経にも関係する大切なものです。


不安定になると、目の充血や頭痛、イライラ、めまい、自律神経の不安定などの症状を感じることがあります。


<オススメの食材>
・香りを持つ食材(オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、にら、小松菜、春菊、セロリ)や、
旬の食材(菜の花、アサリ、ハマグリ、ホタテ)など。酸味は巡る力を弱めてしまうので適量で。



②「気」を高める

春に不調を感じやすい人は、もともとの体のエネルギー(漢方で考える「気」)が、不足しがちなタイプが多いと考えられます。旬な食材を食べたり、深呼吸して、エネルギーを養うように心がけることが大切です。


③ストレス対策

体のエネルギーである「気」は、元気や気力の「気」であり、人体の生命エネルギーのもとになる
大切なものです。ストレスは、この「気」の働きを妨げる最大の原因となるため、
アロマオイルや、運動で汗をかいたり、ストレス解消を心がけていきましょう。

 

**************

 

「 頑張れる!! ココロ と カラダ へ 」

体とアロマのお店

はじめての方
http://www.ropponmatsuseitai.jp/

 
整体コース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/zheng-ti-kosu/

 
リラクゼーションコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/rirakuzesiyonkosu/

 
ボディケアコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/bodeikea/


組み合わせコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/xin-siipezi

福岡市中央区六本松3丁目11-33

エステートビルF201  (国道202号線沿い)

TEL092-791-6185

駐車場あります (ビル裏3番 真鍋)

六本松駅より徒歩5分

福岡縣護国神社より徒歩1分

大濠公園より徒歩6分