8月の健康管理

2017/08/01 投稿

 

 

 

みなさん、こんにちは!

 

8月に入り 本当に暑さの厳しい日が続きますね。

夏バテ以外にも体調不良を起こしやすい時期ですので、体調管理に気をつけて、何とかこの暑い時期を乗り切りたいですね!

 

○熱中症

・外でお仕事をされる方は、熱中症や脱水症状に対する対策が大切です。
・室内でも、高温のため熱中症になる危険性があります。特に、高齢者の方は、温度を感じる感覚が低下するため熱中症になりやすく、そのため、室内に温度計を設置し、目で気温を確認するようにしてください。

また、前日より気温が上がった日、普段室内で作業をしている人が外で作業をする場合は、熱中症の危険性が高くなりますので注意が必要です。

熱中症の予防では、

・直接太陽に当たるのを防ぐ、時間を短くする。
・外で活動する時は、スポーツドリンクなどを用意しておき、室内にいる方は、清涼飲料水の多量摂取は控える。
・外での活動は極力、朝や夕方など、涼しい時間帯に行う。

などが大切です。

熱中症は、軽い場合は、体温を下げて水分補給をすれば治りますが、吐き気などの症状で水分補給ができない場合は、危険な状態ですので、すぐに医師の診察を受けて下さい。


○夏バテ

夏バテは、

・体内のミネラルバランスの乱れ。
・冷房がきいている部屋と、暑い外との出入りによる、体温を調節する機能の乱れ。
・冷たい飲み物の多量摂取による消化不良や、あっさりとした物ばかり食べてしまうために起こる栄養不足。

などで夏バテは起こります。

しっかりと栄養や休息をとり、また、軽い運動も行うようにしてください。
また、ぬる目のお湯の半身浴は、自律神経の働きを整え、リラックス効果もあります。

夜暑くてなかなか眠れないという人は、冷房を付けっ放しにするのではなく、寝る前10分だけ付けたり、布団を麻の物に変えたり、シーツののりをきかせるだけでも寝心地は変わります。

○ペットボトル症候群

清涼飲料水には、糖分が多く含まれているため、飲むと血糖値が上がり、ますますのどが渇きやすくなり、その悪循環の繰り返しにより、急性糖尿病になることがあります。

症状としても、体がだるい、のどが渇きやすい、などの症状で始まることが多いため、見過ごしてしまうケースも多くあります。
重篤なケースでは、昏睡状態になることもあるため、清涼飲料水の多量摂取は控えるようにしてください。


○そのほか
・金属アレルギー。
・食中毒。
・汗による皮膚疾患。
・ダニやカビによる皮膚疾患。
・強い紫外線による日焼け。
・山などでのスズメバチによる被害。
・蚊のアレルギーや、蚊が持っている病原体。

などにも注意してください。

子供では、
・プールなどでのウイルス感染。
・水難事故。
・子供の車内放置。

これらのことに注意してください。


暑い季節ですので、しっかりとした水分補給と生活習慣を意識し、元気に8月を乗り切りましょう!

 

 

「痛い・辛い・動かしにくい」と感じたら、

092-791-6185