7月の漢方的ケア

2018/07/10 投稿

こんにちは。

 

7月は台風の影響で気圧の変化、蒸し暑いので冷たい物が増えたり、冷房が強くて 内臓が冷えてしまうことがありますので、体調管理に気をつけていきたいですね。

 

 



★7月に気をつけたい不調→胃腸の疲れ、冷房病、皮膚病。

高温多湿の影響で、体に余分な水分がたまりやすく、皮膚・筋肉・消化機能に負担がかかりやすく、
冷房病になりやすい。冷たいものを必要以上に摂らず、体を温める食材おバランスよく摂取することが大切です!



★おすすめ食材

モロヘイヤ、オクラ、トマト、枝豆、メロン、ウナギ など。

余分な水分を取り除き、消化機能を整えてくれる働きがある。




●おすすめなお茶

・麦茶・・・胃腸を丈夫にし、消化不良に有効と言われています。食欲増進効果もある。


●入浴
・ラベンダーのお風呂・・・精油を塩に数滴たらし、浴槽にかきまぜる。抗菌効果や臭いケアも。リラックス効果も高い。

 



●体のアプローチ・・・血流促進の為、仰向けに寝て両手両足を上げ、2分ほど細かく振ります。手足の冷え、むくみに効果的。

 




●日焼け・やけどの漢方ケア・・・アロエ湿布

アロエには、患部を冷やして炎症を抑える作用や、皮膚組織の再生を促す作用があります。
軽めの火傷や、日焼けをして肌が痛い時は、アロエの葉肉を患部に当てて、テープなどで固定してください。

ポイントとしては、最初に患部を流水でよく冷やすが大事と言われています。

 

***********************************

 

「 頑張れる!! ココロ と カラダ へ 」

 体とアロマのお店

はじめての方
http://www.ropponmatsuseitai.jp/

 
整体コース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/zheng-ti-kosu/

 
リラクゼーションコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/rirakuzesiyonkosu/

 
ボディケアコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/bodeikea/


組み合わせコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/xin-siipezi

 

福岡市中央区六本松3丁目11-33

エステートビルF201  (国道202号線沿い)

TEL092-791-6185

駐車場あります (ビル裏3番 真鍋)

六本松駅より徒歩5分

福岡縣護国神社より徒歩1分

大濠公園より徒歩6分